インストラクターのブログ

アメブロのアクセス解析とブログFiTのアクセス解析の数字の違い

投稿日:2013-10-16 13:18 / 更新日:2013-10-15 10:29

アメブロからブログFiTへお引越しされた方はアクセス解析の数字の違いに驚かれることと思います。
実は、その数字の違いは「どのアクセスまでをアクセス解析の数字として反映させるか」の違いによるものになります。
 

アメブロのアクセス解析

アメブロのアクセス解析では「クローラー」や「bot(ボット)」と呼ばれる巡回プログラムや「フィードリーダー」と呼ばれるプログラムのアクセスも全て「アクセス」としてカウントしているようです。
つまり、誰か人間がブログを見ているわけではなく、プログラムがみなさんのブログの中を見ている行為も「アクセス」とみなし、アクセス解析の数字に反映されています。
 
プラグラムと言えども、アクセスをしているわけですから、「アクセス数」と言われても間違いではありません。
つまり、この数字を「ブログを見てくれている人」と思って捉えず、現実との大きなギャップがあることを忘れてはいけません。
 

アメブロの「ページ別アクセス数」を見る

「/******/rss20.xml」が圧倒的に多いようです。
これは、定期的に「フィードリーダー」と呼ばれるシステムがチェックをしていることを指しますので、人が見ている訳ではないのがわかります。
 

アメブロの「訪問者属性」を見る

「OS」「ブラウザ」共に「不明」となっている場合が多々あります。
パソコンやスマホ、携帯からブログを訪問したら、どの「OS」「ブラウザ」で見ているかといった情報がここに反映されるようになっています。
「不明」ということは「何で見ているかわからない」ということになり、こちらもプログラムの巡回によるアクセスとみることが出来ます。
 
つまり、アメブロの数字は「人・プログラムどちらのアクセスも併せているもの」になります。
 

ブログFiTのアクセス解析

ブログFiTではGoogleのサービスの一つである「Googleアナリティクス」を導入しています。
Googleアナリティクスは「自分のアクセスを取り除いたデータの取得」が可能であり、世界最大の検索エンジンであるGoogleが提供している解析ソフトになります。
 
「自分のアクセスを取り除いたデータの取得」が可能ということは、表示されたかな?と自分で自分のブログを見た際のアクセスを含めない数字が得られることになり、より正確なアクセス数を把握することが出来ます。
 
Googleアナリィテクスを利用しているので、みなさんのブログに「JavaScript」と呼ばれるコードを埋め込んであります。GoogleアナリティクスはこのJavaScriptが表示された回数、つまりはページが開かれた回数をカウントしているので、人が見ている数字に非常に近い数字と言えます。

ブログFiTにお引越しをされて「アクセス数が急に減った」と驚かれた方はご安心ください。
急に減ったのではなく、人が見ている数字が表示されているに過ぎないのです。
大事なのは「数字」ではなくて、「いかに多くの方に観ていただくか」になります。
日々の更新がその手助けになるのは間違いありません。
検索の上位に上がるのは、アクティブなブログやホームページ、つまりはこまめに更新されているブログやホームページになります。
ブログへの訪問数を増やすための近道は、「ブログの更新」と「ブログの告知」になります。


この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

Spam Protection by WP-SpamFree

セレクト・サポート記事

  • 画像について

最新の情報(更新順)

一覧

カテゴリー

便利な使い方

一覧


Go Top